育毛増毛効果

コラーゲンを摂取する際の注意点

コラーゲンを摂取する際に気をつけなければいけないのは過剰摂取とタンパク質のアレルギーについてです。
過剰摂取について説明します。
コラーゲンは主に一日5gから10gとればいいとされています。
コラーゲンドリンクなどには主にだいたい規定量が含まれていて、一日一本飲んでください、という表記があります。
よってその表記通りにとればいいわけです。

それ以上摂取してしまうと、そもそもこの成分はアミノ酸に分解されるので肝臓や腎臓が活発に吸収を手助けしてくれます。
しかし、過剰に摂取してしまうと肝臓や腎臓に負担がかかり、吸収出来なくなってしまいます。
吸収出来なかったものは、不要物として体にたまることになりますし、新陳代謝が悪ければ悪い程、老廃物としてたまっていきます。
すると、細胞の結びつきが悪くなるので余計しわの原因となります。
気をつけてください。

また、コラーゲンを食事でとる場合、魚やお肉を過剰に食べてしまうと脂肪分がたまり過ぎてしまうということもあります。
カロリーが高い食品が多いので注意が必要です。
食べ過ぎて逆に生活習慣病になってしまっては話にならないのでバランスが大切です。

次にタンパク質によるアレルギー反応ですが、過剰にタンパク質をとることでアミノ酸までしっかり吸収されることなく腸に入ってしまい、消化不良を起こすということがあります。
すると不要なものが体内にはいってくると体がアレルギー反応を起こし、アトピーや花粉症となる場合もあります。

このページの先頭へ