育毛増毛効果

コラーゲンの年齢による減少

よくお肌の曲がり角は25歳といいますが、それは何から、そしてどんな原因に由来しているものなのでしょうか。
そもそもコラーゲンとは、肌の弾力やみずみずしさを保つためのタンパク質のことです。
細胞のすみみまで行き届けば行き届くほど弾力性が増して、ハリが出たり肌年齢の低下を防ぐことができます。
しかし、これは年齢とともに減少してしまうものであり、だいたい20歳を過ぎたあたりから、ガクッと減少していきます。
主に減少の原因は主に古いコラーゲンが分解しにくくなったり、コラーゲンの再生が追いつかないということに由来しています。

新陳代謝は若いころがピークで、年齢を重ねるとともにだんだん活発ではなくなってきます。
そうなると、古いお肌が新しいものになかなか切り替わらなかったりして、肌の弾力が弱まったり、たるみやシワが目立ってくるのです。

減少したコラーゲンは補給することが必要になってくるので、なにかしらの方法で不足しないようにすることが必要です。
コラーゲンは美肌効果だけでなく、骨を丈夫にしたり、関節痛を緩和したりと体の調子を整える材料にもなります。
年齢に伴って減少するものだからこそ、日頃からお肌のケアを心がけましょう。

このページの先頭へ