育毛増毛効果

骨粗鬆症とコラーゲンの関連性

コラーゲンは美肌だけでなく、実はカルシウムによって骨を丈夫にして骨粗鬆症などを予防するという効果もあると言われています。
カルシウムが足りなくなると骨折しやすくなったり、骨粗鬆症が起きやすいと言われていますが、骨の約20%はコラーゲンでできています。
よって、魚などだけとってカルシウムが作られる手助けをするのがコラーゲン。
よって、牛乳や魚だけでなくしっかり骨をつなぎとめておく物質をとることが求められてきます。

つなぎとめておく物質は加齢とともに食事の量が減ったり、代謝が悪くなったりするので、なかなかとりずらくなります。
そして体に蓄積された不要物はしっかり外へ出す必要があります。
コラーゲンには細胞の結びつきを強くする効果もあるので、骨の中の細胞やカルシウムをつなげてくれます。
そのつなぎとめる主な要素がカルシウムの他にもリンやマグネシウムなど。
含まれているのは、油揚げやしらすぼし、あさり、納豆など大豆製品や魚介類、海藻などに多く含まれています。

コラーゲンは主に魚介類http://www.addicts.jp/uwasa.htmlに含まれているということも知られているので、一緒に摂ると吸収も促進してくれ、より栄養分の結びつきを強めてくれます。
骨を強化するためには必須な成分といえるでしょう。


このページの先頭へ